シェルアンドチューブタイプ熱交換器

シェル(円筒)と多数のチューブ(伝熱管)の中に、それぞれ流体を通し、相互間で熱交換を行う構造の熱交換器です。

シェルアンドチューブタイプ熱交換器(多管式熱交換器)とは、シェル(胴体)に多数のチューブ(伝熱管)を収めた熱交換器の形状を表します。
小さな空間の中で大きな伝熱面積を得られ、流体の圧力損失を小さく設計できます。
低温から高温、低圧から高圧また、加熱・冷却・蒸発・凝縮すべての用途に適応できます。
他の熱交換器と比べても信頼性が高く、油圧業界、化学関係でもっとも広く用いられています。
基本的な構造は単純なため、メンテナンスも容易になっております。

備考: 現在、カムイベトナム有限会社が製造しておるのはシェルアンドチューブタイプ熱交換器5Bから10Bまでです。それ以外の熱交換器は全て日本の神威産業株式会社が製造しております。


● 創業(1960)以来、数々の経験と豊富な実績、また世界的にも熱交換器の研究・開発で有名なHTRIのソフトを使用した、カムイの卓越した製品設計。
● 世界一の細さを実現した「φ8mmフィンチューブ※1」を採用。(他に、サイズ違いやベアチューブもございます。)
● 固定管板式での、他に例を見ない「ヘリカル(渦巻き型)バッフル※2」は高性能、そしてプレスによる量産効果でコストダウンを約束します。
  シェルアンドチューブタイプ熱交換器のしくみ
● 各種法規規格(第一種圧力容器、第二種圧力容器、小型圧力容器、ASME(NO STAMP)、TEMAなど)や船舶安全法(JG)、各種船級(NK、ABSなど)などに対応、また各種非破壊検査も実施いたします。
● SUS304、SUS316などによるSUS材での製造技術。(ALLSUSも可能)
● チューブ、管板材質にチタン材での製作実績。
● 胴側、管側共に高温・高圧様々な流体に対応いたします。
● 標準品胴径3B〜10B以外にも、2B〜40Bなどの幅広い製品の製造。
● Uチューブを使用したU字管タイプ、熱交換器を立てて設置できる縦型など、あらゆるタイプの熱交換器を製造しております。
● ユーザー様の各種ご要求に対して、迅速な対応。
 
※1 チューブメーカーとの共同開発により製品化。
※2 特許取得済み。(日本、アメリカ、台湾)
圧延機、鍛圧機械、工作機械、建設機械、化学プラント、船舶、発電用、蒸気過熱器・復水器、食品加工機械、医療器械、半導体製造設備、コージェネレーション等に使用されています。
 
燃料電池向熱交換器